Top > グラフ閲覧

西山 美恵子さんの人生の折れ線グラフ

西山 美恵子さんの人生の折れ線グラフ

西山 美恵子さんの人生の平均点

65点
西山 美恵子さん(女性)24歳

西山 美恵子さんの人生グラフの出来事詳細


0~5歳期:50点
1994年9月15日 西山家の真ん中っ子として 西山美恵子 爆誕。
お腹の中にいた頃は、ちひろと名付けようとしていたらしく、ちーちゃんと呼ばれていた。
生まれてから美恵子という名前になったことに納得出来なかった兄は「ちーちゃんなの!!!」と言い張ったらしい。

2歳の頃、保育園に入園してから1か月間一言も口を聞かなかった。
私自身は首を振れば意思が伝わるから話さなかっただけだが、母親は心配して(理由はそれだけではないが)3歳の時に幼稚園に転園させた。
5~10歳期:40点
8歳の頃、幼稚園の頃からの親友だった春菜ちゃんが転校してしまい、友達が0になった。
1人も悪くないとは思っていたが、やっぱり寂しかった。
その後、新たな友達はできたが春菜ちゃん以上に仲良しではない。

9歳の頃、鉄棒の面白さに目覚める。休み時間の度に逆上がりを練習し、2週間かけて習得。
今はできるか分からない。
10~15歳期:70点
10歳の頃、4歳から習っていたクラッシックバレエで本格的にトゥシューズを履かせてもらえるようになった。

13歳~15歳 放送部に入り毎日早口言葉の練習をした。今でも得意。

15歳の受験期にこのまま地元にいても何の面白みもないと考え、県外の高校に行きたいと
思い勉強する。
15~20歳期:80点
15歳~18歳 行きたかった県外の女子高に進学でき、かつ両親も喜んでくれた。
また、今までいた環境だったらきっと友達になっていないようなタイプの人たちと意外と
反りが合って、ずっと仲良くしていた。

18歳 第1志望の大学が落ちて、第2志望の女子大に入学。若干モチベーションは下がる。
同じ高校出身の友達と「競技ダンス部(社交ダンス部)」の新歓に行き、デモンストレーションを見て、感動する。入部する。
そこからは、ほとんどダンス漬けの日々。
20~25歳期:85点
20歳 後輩を育てる立場になって、悩む事も増える。でも、やっぱり自分の後輩たちはかわいいなぁと思う。

21歳 ちょっと確執があった先輩の卒部を前に、本音トークをした際、色々私のことを思って、悩んでいたことを知る。すごくうれしかった。今でも仲良し。

22歳 卒業研究と論文、ダンスで忙しい日が続く。ダンスは前期にスランプになったが後半何とか巻き返せた。どっちも同じくらい楽しく、やり切れた。後悔はない。

西山 美恵子さんの人生グラフへのコメント

下記のフォームより西山 美恵子さんについてコメントできます。




コメント一覧ページへ

ページのトップへ戻る